SIP(戦略的イノベーション創造プログラム) – 統合型材料開発システムによるマテリアル革命 ~ 異方性カスタム設計・AM研究開発センター ~

ニュース

日刊工業新聞に近畿経済産業局と阪大工学研究科附属異方性カスタム設計・AM研究開発センターとの企業支援での連携に関する記事が掲載されました。

3Dプリンター導入検証―近畿経済産業局実装モデル37社選定 日刊工業新聞、朝刊、2020年8月6日、31面 記事はこちら 近畿経済産業局のプレスリリースはこちら

日刊工業新聞朝刊5面に(主張:自然界の「異方性」産業利用)が掲載されました。

主張:自然界の「異方性」産業利用 日刊工業新聞、2020年7月6日、 朝刊、 5面 Opinioin 電子版はこちら PDF

BioHEAに掲載された論文が”Editor’s Choice Articles”に選ばれました。

論文はこちら “Editor’s Choice Articles”はこちら

コアメンバーがAMセンターを紹介した動画を公開しました。

大阪大学 異方性カスタム設計・AM(3Dプリンター)研究開発センター(略称:AMセンター)のコアメンバーが当センターの概要や特徴、魅力などについて紹介しています。 動画内では、金属3Dプリンターなどの装置や、それらを最大 […]

「3Dプリンタ用材料開発と造形物の高精度化」(株)技術情報協会が出版されました。

小笹良輔、石本卓也、中野貴由:金属3Dプリンタによる結晶方位制御に基づく高機能積層造形材料の開発、「3Dプリンタ用材料開発と造形物の高精度化」、技術情報協会、(2020)、 pp.445-454. 詳細はこちら

2019年10月17日 金属3D造形セミナー・べーシックコースの受付を終了いたしました。

2019年10月17日 金属3D造形セミナー・べーシックコースの参加申込人数が定員に達しましたので、申込み受付を終了とさせていただきます。

2019年1月11日 SIPの成果が日刊工業新聞に掲載されました。

2019年1月11日 金属AM法を用いることでオーステナイト系ステンレスの層状組織を制御可能で、強度や耐食性や著しく向上することを発見したSIPの成果が日刊工業新聞に掲載されました。

2018年6月28日 第3回先端獣医療コンソーシアム シンポジウム ~整形外科領域における課題に挑戦する~が開催されます(後援:大阪大学 異方性カスタム設計・AM研究開発センター)。

2018年6月28日に第3回先端獣医療コンソーシアム シンポジウム ~整形外科領域における課題に挑戦する~が開催されます(後援:大阪大学 異方性カスタム設計・AM研究開発センター)。本拠点から、大阪大学 中野貴由教授が講 […]

2018年3月17日 第2回先端獣医療コンソーシアム シンポジウム ~伴侶動物における整形外科の現状と未来~が開催されます(後援:大阪大学 異方性カスタム設計・AM研究開発センター)。

2018年3月17日に第2回先端獣医療コンソーシアム シンポジウム ~伴侶動物における整形外科の現状と未来~が開催されます(後援:大阪大学 異方性カスタム設計・AM研究開発センター)。本拠点から、大阪大学 中野貴由教授、 […]

精密工学会誌83巻5号「グラビアとインタビュー 精密工学の最前線」で大阪大学 異方性カスタム設計・AM研究開発センターの記事が掲載されました。

公益社団法人 精密工学会 精密工学会誌83巻5号「グラビアとインタビュー」で大阪大学 異方性カスタム設計・AM研究開発センターの記事が掲載されました。 掛下 知行, 田中 敏宏, 中野 貴由, 古城 直道, 山澤 建二: […]

PageTop