ニュース News

Crestナノ力学会議を対面で行いました。

  2024年6月7日・8日と東京大学阿部教授のグループにお世話になり、Crestナノ力学会議を本郷で行いました。  

第49回井上春成(いのうえはるしげ)賞・受賞者決定についてのプレスリリースがJSTよりなされ中野教授と帝人ナカシマメディカル株式会社(取締役会長 中島 義雄)との共同で受賞しました。

  受賞技術の名称「強固な配向骨を誘導する積層造形椎間スペーサー」研究者:中野 貴由(ナカノ タカヨシ)大阪大学 大学院工学研究科 栄誉教授企 業:帝人ナカシマメディカル株式会社(取締役会長 中島 義雄)<受賞理由>従来 […]

柳玉恒特任助教、奥川助教、小泉教授らの名古屋大学との共同研究成果が大阪大学ReSOUをはじめいくつかのメディアで紹介されました。

  大阪大学プレスリリース名古屋大学プレスリリースマイナビニュース楽天NEWS infoseek <海外>EurekAlert!Asia Research NewsMirage NewsScienMageBioen […]

令和5年度日本材料学会 技術賞 の授賞式が開催され、賞状と盾が贈られました。

  出島メッセで開催された材料学会第73期通常総会において、UNIOS PL スペーサーの開発に関して、以下の賞を受賞しました。授賞式には、帝人ナカシマメディカル㈱から 高橋氏、渡邊氏、加藤社長、大阪大学/富山大学から石 […]

小泉教授、奥川助教、柳特任助教が粉体粉末冶金協会にて研究進歩賞を受賞しました。

  本賞は、粉体および粉末冶金に関する優秀な基礎的研究において、独創的アイデアがあるもの、理論的評価の高いものに対して授与されるものです。実験と計算を融合したデジタルツイン科学的研究により、粉末床溶融結合型金属付加製造( […]

テクノアリーナ最先端研究拠点部門(学術ピーク拠点)「中野革新的3DP連携拠点」の拠点長として中野教授にプレートが授与されました。同時に4月1日付で工学研究科主幹教授(Distinguished Professor)の称号が5年間授与されました。

  <最先端研究拠点部門(学術ピーク拠点)>中野 貴由 教授(マテリアル生産科学専攻)「中野革新的3DP連携拠点」 工学研究科でのニュース→https://www.eng.osaka-u.ac.jp/ja/topics/ […]

松垣准教授が、令和6年度科学技術分野の文部科学大臣表彰(若手科学者賞)を受賞することが決定しました。

  https://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/mext_01364.html令和6年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞松垣あいら「骨系細胞制御機構の解明に基づく骨基質配向化誘導 […]

日刊工業新聞の1面に記事「積層造形ニッケル基超合金、元素分布予測で高度化 阪大が新技術」が掲載されました。

  積層造形ニッケル基超合金、元素分布予測で高度化 阪大が新技術:日刊工業新聞、2024年4月3日、1面  

「骨基質配向化誘導を実現する金属3Dプリンティングチタン合金製脊椎固定用医療デバイスの新技術開発」に対して、帝人ナカシマメディカル(株)と大阪大学中野研究室との共同チームとで(公社)日本材料学会令和5年度技術賞に内定しました。授賞式は、令和6年5月25日(土)に出島メッセ長崎にて行われます。

  高橋広幸、井上貴之、渡邊稜太、松垣あいら、中島義雄、石本卓也、加藤直之、中野貴由:骨基質配向化誘導を実現する金属3Dプリンティングチタン合金製脊椎固定用医療デバイスの新技術開発、(公社)日本材料学会令和5年度技術賞、 […]

中野教授が編集した『デジタル化時代のAdditive Manufacturingの基礎と応用【第2版】』が本日よりAmazonにて販売されます。

  Amazonのリンクはこちら

日刊工業新聞に生体用スーパーハイエントロピー合金の記事が掲載されました。

  阪大、8元素混合成功 生体用ハイエントロピー合金 :日刊工業新聞、2024年2月29日、25面、 科学技術・大学欄トップ記事  

萩原教授、中野教授が分担執筆した『傾斜機能材料ハンドブック』が2024年2月15日に発刊されます。

  萩原幸司、徳永透子、中野貴由(分担):第II編 第1章 第2節 超高温耐用複相シリサイド合金の開発、傾斜機能材料ハンドブック、株式会社エヌ・ティー・エス、pp152-165、2024年2月15日発刊、ISBN: 97 […]

中野教授が分担執筆した書籍「新・力を診る~臨床と研究の接点」が出版されました。

  中野貴由(分担執筆):新・力を診る、(編著)市川哲夫、森本達也、熊谷真一医歯薬出版株式会社、2024年1月25日出版ISBN978-4-263-46177-8澤瀬隆、黒嶋伸一郎、中野貴由:骨のバイオロジー、pp.76 […]

松垣准教授が、大阪大学賞(若手教員部門)を受賞しました。

  松垣あいら:骨基質3D配向化制御の生物学的機序解明とその人為的制御に関する研究、令和5年度 大阪大学賞(若手教員部門)、2023年11月22日https://www.osaka-u.ac.jp/ja/news/top […]

小泉雄一郎教授が領域代表を務める学術変革領域超温度場3DPが主催する 国際会議 Creation of Materials by Super-Thermal Field (CMSTF2023) 開催が開催されました。

  国際会議 Creation of Materials by Super-Thermal Field (CMSTF2023)では、Keynote 4件、 Invited Talk 11件(海外からの招待講演5件、領域内 […]

中野教授が(公財)谷川熱技術振興基金の粉生熱技術振興賞を受賞し、その授賞式(東京會舘21於)に出席しました。

  中野貴由:「高温耐熱材料の塑性変形機構の解明と金属3Dプリンティングによる新展開」に対して、粉生熱技術振興賞、谷川熱技術振興基金、2023年11月8日      

日刊工業新聞に金属3Dプリンタによる触媒高機能化に関する記事が掲載されました。

  阪大が高機能触媒 3Dプリンター・MOF利用 多分野に応用可能:日刊工業新聞、2023年10月26日、25面、科学技術・大学欄トップ記事  

中野教授が、日本学術会議 会員(26期・27期)に就任しました。

  任期は2023年10月1日~2029年9月30日までで、本日、首相官邸で辞令交付がありました。同時に連携会員の任期は終了しました。

中野チームのメンバーがナノ力学若手交流会に参加しました。

  9月30日と10月1日に開催されたCREST ナノ力学若手交流会(@ L stay & grow 晴海)に、中野チームからは多根先生(幹事)、江草先生、奥川先生、小笹先生が参加しました。2日間の充実した交流会 […]

日刊工業新聞に、骨基質配向性がもつ細菌感染への抵抗性に関する記事が掲載されました

  細菌感染に強い骨構造実証―阪大など 骨疾患の早期回復可能に 日刊工業新聞、2023年9月29日、24面、科学技術・大学欄トップ記事  

ページの先頭へ戻る