ホーム > 中野教授室

中野教授室

中野 貴由 (なかの たかよし)

  • 大阪大学大学院工学研究科マテリアル生産科学専攻教授
  • 大阪大学栄誉教授
  • 大阪府立大学大学院生命環境科学研究科獣医学専攻客員教授
  • 大阪大学国際医工情報センター教授(兼任)
  • 大阪大学大学院工学研究科附属構造・機能先進材料デザイン教育研究センター教授(兼任)
  • 工学研究科長補佐
  • 大阪大学工学研究科附属異方性カスタム設計・AM3Dプリンター)研究開発センター・副センター長
  • 大阪大学国際医工情報センター部門長
  • 日本金属学会・理事(副会長)、第4分科会委員長、科研費委員長
  • 日本骨形態計測学会・理事(平成29年 第37回大会会長)
  • 日本バイオマテリアル学会・常任理事(総務・将来構想担当)
  • 日本骨代謝学会・あり方委員会委員
  • 日本粉体粉末冶金協会・代議員
  • International Union of Societies for Biomaterials Science & Engineering (IUSBSE) Fellow
  • 日本学術会議・連携会員(材料工学委員会バイオマテリアル分科会・材料工学委員会材料工学ロードマップのローリング分科会・材料工学委員会新材料科学検討分科会)
  • スマートプロセス学会・理事
  • 造幣局技術アドバイザー

学歴・職歴

昭和42年9月 岡山県生まれ
昭和61年3月 岡山県立倉敷天城高等学校卒業
昭和61年4月 大阪大学工学部金属材料工学科入学
平成2年3月 大阪大学工学部金属材料工学科卒業
平成2年4月 大阪大学大学院工学研究科金属材料工学専攻博士前期課程入学
平成4年3月 大阪大学大学院工学研究科金属材料工学専攻博士前期課程修了
平成4年4月 大阪大学工学部材料物性工学科助手着任
平成8年3月 博士(工学)(大阪大学)の学位取得
学位論文「TiAl系金属間化合物の力学特性に関する研究」
平成11年4月 大阪大学大学院工学研究科マテリアル科学専攻講師
平成13年6月 大阪大学大学院工学研究科マテリアル科学専攻助教授
平成16年11月 大阪大学臨床医工学融合研究教育センター助教授兼任
平成17年4月 大阪大学大学院工学研究科マテリアル生産科学専攻助教授
平成19年4月 大阪大学大学院工学研究科マテリアル生産科学専攻准教授
平成20年4月 大阪大学大学院工学研究科マテリアル生産科学専攻教授
大阪大学臨床医工学融合研究教育センター教授兼任
平成20年5月 大阪大学大学院工学研究科附属構造・機能先進材料デザイン教育研究センター教授兼任
平成22年4月 東北大学金属材料研究所教授(委嘱教授)兼任
 平成26年12月 大阪大学工学研究科附属異方性カスタム設計・AM(3Dプリンター)研究開発センター
副センター長(兼任)
 平成29年4月  大阪府立大学大学院 生命環境科学研究科獣医学専攻 客員教授
 平成29年4月  大阪大学栄誉教授
 平成29年10月  第24期・第25期 日本学術会議 連携委員(平成29年10月~平成35年9月)

所属学会

  • MRS (Materials Research Society)
  • 日本金属学会
  • 日本バイオマテリアル学会
  • 日本骨形態計測学会
  • 日本骨代謝学会
  • 日本臨床バイオメカニクス学会
  • 日本再生医療学会
  • 日本歯科保存学会
  • 日本鉄鋼協会
  • 日本軽金属学会
  • 日本材料学会
  • スマートプロセス学会
  • 日本骨粗鬆症学会
  • 粉体粉末冶金協会
  • 日本歯科理工学会
  • 日本歯内療法学会

役職

  • 大阪大学工学研究科附属異方性カスタム設計・AM3Dプリンター)研究開発センター・副センター長
  • 工学研究科長補佐
  • 大阪大学国際医工情報センター部門長
  • 日本MRS理事(平成21年4月~平成25年6月)
  • 日本金属学会 第4分科会(生体・福祉材料)委員(平成17年度~)・幹事(平成21年度~)
  • 日本金属学会分科会運営委員会 第4分科副委員長(平成23年度~)
  • 日本金属学会・理事(副会長)、第4分科会委員長、科研費委員長
  • 日本金属学会セミナー委員会 副委員長(平成23年度~)
  • 日本骨形態計測学会 評議員(平成18年7月~)
  • 日本骨形態計測学会 理事(平成23年5月~)(平成29年 第37回大会会長)
  • 日本骨形態計測学会「あり方委員会」委員(平成23年5月~)
  • 日本金属学会・日本鉄鋼協会関西支部材料開発研究会副委員長(平成20年度・21年度)
  • 日本鉄鋼協会・日本金属学会関西支部材料開発研究会委員長(平成22年度・23年度)
  • 日本鉄鋼協会・日本金属学会関西支部 支部委員 (平成24年度・平成25年度・平成27年度)
  • 日本バイオマテリアル学会 評議員(平成17年11月~)
  • 日本バイオマテリアル学会 理事(平成24年4月~)
  • 日本バイオマテリアル学会・常任理事(総務・将来構想担当)(平成2411月~)
  • 東京歯科大学大学院非常勤講師(平成19年度~)
  • 神戸大学非常勤講師(平成19年度)
  • 九州大学非常勤講師(平成19年度)
  • 大阪大学Global-COE「構造・機能先進材料デザイン教育研究拠点」事業推進担当者(平成19年度~平成23年度)
  • 東京医科歯科大学非常勤講師(平成23年度~)
  • 東北大学金属材料研究所共同利用・共同研究委員会 委員(平成23年度~)
  • 次世代医療機器評価指標検討会 審査WG 委員 (平成25年度~)
  • 日本骨代謝学会・あり方委員会委員(平成2510月~)
  • 東北大学歯学部非常勤講師(平成26年4月~平成26年6月)
  • 日本バイオマテリアル学会 常任理事(平成24年11月~)
  • 名古屋大学非常勤講師(平成26年4月~)
  • 京都大学再生医科学研究所非常勤講師(平成27年4月~)
  • 愛媛大学工学部非常勤講師(平成27年4月~)
  • Editorial board menber for International Journal of Metallurgical & Materials Engineering(平成27年2月~)
  • 日本粉体粉末冶金協会・代議員
  • 日本MRS理事(平成27年6月~)
  • International Union of Societies for Biomaterials Science & Engineering (IUSBSE) Fellow(平成28518日)
  • 日本学術会議・連携会員(材料工学委員会バイオマテリアル分科会・材料工学委員会材料工学ロードマップのローリング分科会・材料工学委員会新材料科学検討分科会)(平成2910月~平成359月)
  • スマートプロセス学会・理事(平成304月~)
  • 造幣局技術アドバイザー(平成304月~平成313月)

代表論文(生体組織・生体材料)

  • T. Nakano, A. Yokoyama and Y. Umakoshi: Effect of Nb addition on the plastic behaviour of TiAl crystals containing oriented lamellae, Scripta Metallurgica et Materialia, 27 (1992), pp.1253-1258.
  • K. Hagihara, T. Nakano and Y. Umakoshi: Plastic deformation behaviour and operative slip systems in Ni3Nb single crystals, Acta Materialia, 48 (2000), pp.1469-1480.
  • T. Nakano, T. Awazu and Y. Umakoshi: Plastic deformation and operative slip system in mineral fluorapatite single crystals, Scripta Materialia, 44 (2001), pp.811-815.
  • T. Nakano, A. Tokumura, S. Imazato, A. Ehara S. Ebisu and Y. Umakoshi: Control of hydroxyapatites crystallinity by mechanical griding method, Journal of Materials Science in Medicine, 12 [8] (2001), pp.703-706.
  • T. Nakano, A. Tokumura and Y. Umakoshi: Variation in crystallinity of hydroxyapatite and the related calcium phosphates by mechanical grinding (MG) and subsequent heat treatment, Metallugical and Materials Transaction A, 33A [3] (2002), pp.521-528.
  • T. Nakano, T. Kan, T. Ishimoto, Y. Ohashi, W. Fujitani, Y. Umakoshi, T. Hattori, Y. Higuchi, M. Tane and H. Nakajima: Evaluation of Bone Quality near Metallic Implants with and without Lotus-Type Pores for Optimal Biomaterial Design, Materials Transactions, 47 [9] (2006), pp.2233-2239.
  • S. Miyabe, T. Nakano, T. Ishimoto, N. Takano, T. Adachi, H. Iwaki, A. Kobayashi, K. Takaoka and Y. Umakoshi: Two-dimensional quantitative analysis of preferential aalignment of BAp c-axis for isolated human trabecular bone using microbeam X-ray diffractometer with a transmission optical system, Materials Transactions, 48 [3] (2007), pp.343-347.
  • M. Kashii, J. Hashimoto, T. Nakano, Y. Umakoshi and H.Yoshikawa: Alendronate treatment promotes bone formation with a less anistropic microstructure during intramembranous ossification in rats, Journal of Bone and Mineral Metabolism, [26] (2008), pp.24-33
  • T. Nakano, T. Ishimoto, J.-W. Lee and Y. Umakoshi: Preferential Orientation of Biological Apatite Crystallite in Original, Regenerated and Diseased Cortical Bones, Journal of the Ceramic Society of Japan, 116 (2008), pp.313-315
  • M. Tane, S. Akita, T Nakano, K. Hagihara, Y. Umakoshi, M. Niinomi and H. Nakajima: Peculiar elastic behavior of Ti-Nb-Ta-Zr single crystals, Acta Materialia , 56 [12] (2008), pp.2856-2863.
  • A. Sugino, C. Ohtsuki, K. Tsuru, S. Hayakawa, T. Nakano, Y. Okazaki and A. Osaka: Effect of spatial design and thermal oxidation on apatite formation on Ti-15Zr-4Ta-4Nb alloy, Acta Biomaterialia, 5 (2009), pp.298-304
  • A. Shiraishi, S. Miyabe, T. Nakano, Y. Umakoshi, M. Ito and M. Mihara : The combination therapy with alfacalcidol and risedronate improves the mechanical property in lumbar spine by affecting the material properties in an ovariectomized rat model of osteoporosis, BMC Musculoskeletal Disorders, (2009), Vol.10, paper #66. idation on apatite formation on Ti-15Zr-4Ta-4Nb alloy, Acta Biomaterialia, 5 (2009), pp.298-304.
  • N. Ichinohe, T. Nakano, T. Mitaka, Y. Umakoshi and Y. Tabata: Proliferation and osteogenic differentiation of rat bone-marrow stromal cells onbio-apatite with different crystalline facets, Journal of Biomedical Materials Research: Part A, 93A Issue 2 [5] (2010), pp.646-655
  • T. Nagase, T. Nakano, Y. Umakoshi and M. Niinomi: Fabrication of Beta-Ti-Type Ti-Nb-Ta-Zr (TNTZ) Wire with High-Ductility by Arc-Melt-Type Melt-Extraction Method, Materials Transactions, 51 [2] (2010), pp.377-380 K. Hagihara, T. Nakano, S. Hata, O. Zhu and Y. Umakoshi: Improvement of aligned lamellar structure by Cr-addition to NbSi2/MoSi2 duplex-silicide crystals, Scripta Materialia, 62 [8] (2010), pp.613-616.
  • M. Tane, S. Akita, T. Nakano, K. Hagihara, Y. Umakoshi, M. Niinomi, H. Mori and H. Nakajima: Low Young's modulus of Ti-Nb-Ta-Zr alloys caused by softening in shear moduli c’ and c44 near lower limit of body-centered cubic phase stability, Acta Materialia, 58 [20] (2010), pp.6790-6798
  • T. Ishimoto, T. Nakano, M. Yamamoto and Y. Tabata: Biomechanical Evaluation of Regenerated Long Bone by Nanoindentation, Journal of Materials Science: in Medicine, 22 [4], (2011), p.969-976.
  • T. Morioka, S. Matsunaga, M. Yoshinari, Y. Ide, T. Nakano, H. Sekine and Y. Yajima: Alignment of Biological Apatite Crystallites at First Molar in Human Mandible Cortical Bone, CRANIO: The Journal of Craniomandibular Practice, 30 [1] (2012), pp.32-40.
  • M. Tane, T. Nakano, S. Kuramoto, M. Hara, M. Niinomi, N. Takesue, T. Yano and H. Nakajima: Low Young’s Modulus in Ti-Nb-Ta-Zr Alloys: Cold Working and Oxygen Effects, Acta Materialia, 59 [18] (2011), pp.6975-6988.
  • S.-H. Lee, K. Hagihara and T. Nakano: Microstructural and orientation dependence of the plastic deformation behavior in β-type Ti-15Mo-5Zr-3Al alloy single crystals, Metallurgical and Materials Transactions A, 43 [5] (2012), pp.1588-1597.
  • X. Zhao, M. Niinomi, M. Nakai, J. Hieda, T. Ishimoto and T. Nakano: Optimization of Cr content of metastable β-type Ti-Cr alloys with changealbe Young's modulus for spinal fixation applications, Acta Biomaterialia, (2012), DOI:10.1016/j.actbio.2012.02.010.
  • K. Yuge, Y. Koizumi, K. Hagihara, T. Nakano, K. Kishida and H. Inui: First-principles study on phase stability of MoSi2-NbSi2 pseudobinary alloys, Physical Review B, (2012), DOI: 10.1103/PhysRevB.85.134106.
  • S.-H. Lee, M. Todai, Dr M. Tane, Dr. K Hagihara, Dr. H. Nakajima and T. Nakano: Biocompatible Low Young's Modulus Achieved by Strong Crystallographic Elastic Anisotropy in Ti-15Mo-5Zr-3Al Alloy Single Crystal, Journal of the Mechanical Behavior of Biomedical Materials, (2012), DOI: org/10.1016/j.jmbbm.2012.05.005.

代表論文(航空宇宙材料・構造材料)

  • Y. Umakoshi and T. Nakano: The role of ordered domains and slip mode of a2 phase in the plastic behaviour of TiAl crystals containing oriented lamellae, Acta Metallurgica et Materialia, 41 (1993), pp.1155-1161.
  • T. Nakano, K. Matsumoto, T. Seno, K. Oma and Y. Umakoshi: Effect of chemical ordering on the deformation mode of Al-rich Ti-Al single crystals, Philosophical Magazine A, 74 [1] (1996), pp.251-268.
  • T. Nakano, H. Y. Yasuda, N. Higashitanaka and Y. Umakoshi: Anomalous behaviour of cyclic deformation and fatigue properties of TiAl PST crystals under constant applied stress, Acta Materialia, 45 [11] (1997), pp.4807-4821.
  • T. Nakano, B. Ogawa, Y. Koizumi and Y. Umakoshi: Plastic deformation behaviour and dislocation structure in Ti3Al single crystals cyclically deforming by prism slip, Acta Materialia, 46 [12] (1998), pp.4311-4324.
  • T. Nakano, A. Negishi, K. Hayashi and Y. Umakoshi: Ordering process of Al5Ti3, h-Al2Ti and r-Al2Ti with fcc-based long-period superstructures in rapidly solidified Al-rich TiAl alloys, Acta Materialia, 47 [4] (1999), pp.1091-1104.
  • T. Nakano, M. Kishimoto, D. Furuta and Y. Umakoshi: Effect of substitutional elements on plastic behaviour of NbSi2 based silicide single crystals with C40 structure, Acta Materialia, 48 (2000), pp.3465-3475.
  • T. Nakano, H. Biermann, M. Riemer, H. Mughrabi, Y. Nakai and Y. Umakoshi: Classification of /? and ? /2 lamellar boundaries on the basis of continuity of strains and slip/twinning planes in fatigued TiAl PST crystals, Philosophical Magazine A, 81 [6] (2001), pp.1447-1471.
  • T. Nakano, Y. Nakai, S. Maeda and Y. Umakoshi: Microstructure of duplex NbSi2 (C40) / MoSi2 (C11b) crystals containing a single set of lamellae, Acta Materialia, 50 [4] (2002), pp.1781-1795.
  • T. Nakano, K. Hayashi and Y. Umakoshi: Formation and stability of transitional long-period superstructures in Al-rich TiAl single crystals, Philosophical Magazine A, 82 [4] (2002), pp.763-777.
  • T. Nakano, M. Azuma and Y. Umakoshi:Tensile deformation and fracture behaviour in NbSi2 and MoSi2 single crystals, Acta Materialia, 50 [14], (2002), pp.3731-3742.
  • T. Nakano, K. Kaibara, Y. Tabata, N. Nagata, S. Enomoto, E. Marukawa and Y. Umakoshi: Unique alignment and texture of biological apatite crystallites in typical calcified tissues analyzed by micro-beam X-ray diffractometer system, Bone, 31 [4] (2002), pp.479-487.
  • T. Nakano, K. Hagihara, Y. Nakai and Y. Umakoshi: Plastic deformation behaviour of NbSi2/MoSi2 crystals with oriented lamellae, Intermetallics, 14 (2006),pp.1345-1350.
  • K. Hagihara and T. Nakano: Fracture behavior and toughness of NbSi2-based single-crystals and MoSi2 (C11b)/ NbSi2 (C40) duplex crystals with a single set of lamellae, Acta Materialia, 59 (2011), pp.4168-4176.
  • T. Nakano, K. Sasaki, K. Hagihara, T. Ishimoto, Y. Fujii and A. Serizawa: Single Crystal Growth and its Microstructure in Co-Cr-Mo alloys for Biomedical Applications, Materials Science Forum, Vols.706-709 (2012), pp.561-565.
  • T. Nakano, K Hagihara, S. Hata, H. Shigyo, H. Nakashima, Y. Umakoshi, A. Arya and U. D. Kulkarni: Long-period ordered superstructures that appear in (Al,Ga)-rich (Al,Ga)Ti system, Philosophical Magazine, (2012), DOI:10.1080/14786435.2012.699691.

代表的な受賞

  • 馬越佑吉、中野貴由: 日本鉄鋼協会澤村論文賞、1993年10月
  • 中野貴由: 日本金属学会奨励賞、1996年9月
  • 中野貴由: 本多記念研究奨励賞、1998年5月
  • 中野貴由: 第2回日本金属学会村上奨励賞、日本金属学会、2005年9月28日
  • 中野貴由: 日本バイオマテリアル学会賞(科学奨励賞)、「結晶工学的手法による骨質評価と結晶配向に基づくバイオマテリアルの設計」に対して、2006年11月27日
  • 中野貴由: 第65回日本金属学会功績賞、力学特性部門2007年3月27日
  • A. Sugino, K. Uetsuki, K. Kuramoto, S. Hayakawa, Y. Shirosaki, A. Osaka, K. Tsuru, T. Nakano and C. Ohtsuki: The Engineering Ceramics Division Best Paper Award: Second Place, “GRAPE® Technology or Bone-like Apatite Deposition in Narrow Grooves” presented at the 34th International Conference on Advanced Ceramics & Composites, January 25, 2011
  • 中野貴由:第59回日本金属学会論文賞(材料プロセシング部門)、2011年日本金属学会秋期講演大会、「T. Nagase, T. Nakano. Y. Umakoshi and M. Niinomi: Fabrication of Beta-Ti-Type Ti-Nb-Ta-Zr (TNTZ) Wire with Hjgh-Ductility by Arc-Melt-Type Melt-Extraction Method, Matrials Transactions, Vol. 51, No. 2 (2010), pp.377-380」に対して、2011年11月8日
  • 池尾直子、中野貴由:第38回日本臨床バイオメカニクス学会学術集会、学会奨励賞、「骨質としてのアパタイト配向性を考慮した骨代替用指向性ポーラスインプラントの設計・開発」に対して、日本臨床バイオメカニクス学会、2011年11月18日
  • 中野貴由:日本学術振興会、第8回(平成23年度)日本学術振興会賞、「材料工学的視点からの骨微細構造ならびに骨代替材料への複合領域型研究」に対して、2012年2月27日
  • Y. Yoshiwara, M. Clanche, K. S. Basaruddin, N. Takano and T. Nakano: Journal of Biomechanical Science and Engineering (JBSE) 2011 JBSE Papers of the Year Award(論文賞)、「“Numerical Study on the Morphology and Mechanical Role of Healthy and Osteoporotic Vertebral Trabecular Bone”, Journal of Biomechanical Science and Engineering, Vol. 6, No. 4 (2011), pp.270-285.」に対して、2012年4月23日

代表的な著書

  • 中野貴由、小泉雄一郎、馬越佑吉:Ti3Al単結晶の疲労変形微細組織、電子顕微鏡法の実践と応用写真集、編集(社)日本鉄鋼協会・(社)日本金属学会、発行(社)日本金属学会、(2002), pp.159-160
  • 中野貴由、馬越佑吉:再生医療へのブレークスルー その革新技術と今後の方向性、「再生硬組織への結晶学的アプローチによる構造・機能評価法~微小領域X線回折法を用いて~」、田畑泰彦編、「遺伝子医学」MOOK、(株)メディカル ドゥ、(2004), pp.215-222.
  • T. Nakano, Y. Tabata, and Y. Umakoshi: Texture and Bone Reinforcement.In: Encyclopedia of Materials, Science and Technology Updates, Elsevier, Oxford, (2005), MS2061-1-8.
  • 中野貴由、石本卓也:ますます重要になる細胞周辺環境(細胞ニッチ)の最新科学技術-細胞の存在、増殖、機能のコントロールから再生医療まで-、「第2章 細胞周辺環境のための材料加工技術, 17. 多孔質金属」、田畑泰彦編、「遺伝子医学」 MOOK別冊、㈱メディカル ドゥ、(2009), pp.179-184.
  • 中野貴由(共著):「臨床医工学・情報学スキルアップ講座」(第四部バイオマテリアル、4.2章 金属インプラント材料)、大阪大学出版会、(2010), pp.236-254.
  • 中野貴由(共著):「医療用金属材料概論」、塙隆夫編、(社)日本金属学会、(2010) , pp.134-151.
  • 中野貴由(共著):「バイオマテリアルの基礎」、バイオマテリアル学会監修、編集:石原一彦・塙隆夫・前田瑞夫、日本医学館、(2010) pp.27-41(1.3金属系バイオマテリアルの内部構造と力学的性質)
  • 中野貴由、吉川秀樹(分担執筆):「マクロおよびナノポーラス金属の開発最前線」、中嶋英雄監修、第3章マクロポーラス金属の応用 1.ポーラス金属を用いた生体材料設計、㈱シーエムシー出版、(2011) 、pp.184-193.
  • T. Nakano and T. Ishimoto (共著):“Interface Oral Health Science 2011”, Design of biomaterials for bone replacement based on parameters determining bone quality, Springer, (2011), pp.55-65.
  • T. Nakano, T. Ishimoto, N. Ikeo and A. Matsugaki: Adavanced Analysis and Control of Bone Microstructure Based on a Materials Scientific Study Including Microbeam X-Ray Diffraction, Progress in Advanced Structural and Functional Materials Design, Springer, (2012) in press

教授室連絡先

教授室 工学研究科 材料系R2棟7階 R2-711
電話 06-6879-7505 (7505)
FAX 06-6879-7505
PageTop