ホーム > 最新情報

最新情報

最新の30件     ▼ 過去の情報

最新の30件

【AMセンター解説】ふぇらむに大阪大工金属AMセンターの紹介記事が掲載されました。

大阪大金属AMセンター:
金属積層造形~新たな可能性への挑戦,
ふぇらむ, 27 [12], (2022), pp. 820-823.

PDFこちら

PageTop

【解説】ふぇらむに中野研に関係する2つの解説が掲載されました。

安田弘行、趙研、當代光陽、中島広豊、竹山雅夫、中野貴由:
航空機ジェットエンジン用TiAl合金の電子ビーム積層造形,
ふぇらむ, 27 [12], (2022), pp. 913-919.
PDFこちら

小笹良輔、柳谷彰彦、山﨑 徹、中野貴由:
銅系材料へのレーザ粉末床溶融結合の適用と課題,
ふぇらむ, 27 [12], (2022), pp. 929-935.
PDFこちら

PageTop

【論文】LPSO構造を含むMg合金の強化機構に関する統一的理解に関する研究がMaterials Transactions誌に受理されました。

Koji Hagihara*, Toko Tokunaga, Kazuki Yamamoto, Michiaki Yamasaki, Tsuyoshi Mayama, Takumi Shioyama, Yoshihito Kawamura, Takayoshi Nakano:
Unified Understanding of Strengthening Mechanisms Acting in Mg/LPSO Two-Phase Extruded Alloys with Varying LPSO Phase Volume Fraction,
Materials Transactions, 64 [4], (2023).
DOI: https://doi.org/10.2320/matertrans.MT-MD2022002

PageTop

【書籍】中野先生が分担執筆したテクノロジー・ロードマップ 2023-2032 全産業編(日経BP)が発行されました。

中野貴由:第10章:材料/製造 10-7 3Dアディティブ・マニュファクチャリング(3D-AM)、テクノロジー・ロードマップ 2023-2032 全産業編、日経BP、(2022), pp.396-399.

PDFこちら

■ 著者:出川 通(テクノ・インテグレーション代表取締役社長)、他100名
■ 2022年11月30日発行
■ レポート:A4判、608ページ
■ 価格
・書籍とオンラインサービスのセット:990,000円(10%税込)
・書籍のみ:660,000円(10%税込)
■ 発行:日経BP
■ 担当:第10章:材料/製造 10-7 3Dアディティブ・マニュファクチャリング(3D-AM)
■ HP: https://project.nikkeibp.co.jp/mirai/techroadall/

PageTop

【論文】 抗菌性Cuを添加したHA/TiO₂コーティングの効果に関する研究が、Materials Engineering and Performance(IF=2.036)に掲載されました。

Jiawei Yang, Qiang Li, Junjie Li, Jinshuai Yang, Ran Zhang, Mitsuo Niinomi*, Takayoshi Nakano:
Antibacterial Cu-doped HA/TiO2 bioactive ceramic composite coating with enhanced adhesion on pure Ti,
Materials Engineering and Performance, (2022), online.
DOI: https://doi.org/10.1007/s11665-022-07541-6

Abstract
Cu-doped hydroxyapatite (HA)/TiO2 (CuHA/TiO2) bioactive ceramic composite coatings were prepared on Ti surfaces using an electrochemical method to enhance their adhesion and antibacterial properties. The obtained coatings were characterized by scanning electron microscopy, x-ray diffraction, and x-ray photoelectron spectroscopy, while their adhesion was measured using a scratch test. The maximum adhesion between the TiO2 layer and the substrate was 39.8 ± 2.6 N at an anodizing voltage of 180 V. Subsequently, the CuHA coatings were successfully deposited on the TiO2 layers and grown outward along TiO2 pores (during this process, Cu atoms are doped into the HA structure in the form of Cu2+ ions). The CuHA adhesion to the TiO2 layer was 26.3 ± 1.9 N, indicating that the TiO2 interlayer significantly enhanced the bonding of CuHA to the substrate. Furthermore, the fabricated CuHA/TiO2 coatings produced a strong antibacterial effect on Escherichia coli and Staphylococcus aureus species, exhibited high biocompatibility, and promoted the proliferation of MC3T3-E1 cells.

PageTop

【プレスリリース】中野先生を研究代表者とするCREST(【ナノ力学領域】カスタム力学機能制御学の構築~階層化異方性骨組織に学ぶ~)の研究成果「あたかも生体骨のような新材料 バイオハイエントロピー合金×レーザ金属3Dプリンティングで実現 超高強度・高加工性・低弾性・生体親和性を同時発現可能な新技術―原子レベルのナノ結合がマクロな材料特性を決める「ナノ力学」の仕組み解明へ―」について、大阪大学よりプレスリリースしました。

プレスリリースの内容はこちら

本研究成果は、Taylor & Francis発刊の速報誌「Materials Research Letters」誌(IF=8.516、CiteScore=13.6)に、11月29日23時(日本時間)に公開されました。

Ozkan Gokcekaya, Takuya Ishimoto, Yuki Nishikawa, Yong Seong Kim, Aira Matsugaki, Ryosuke Ozasa, Markus Weinmann, Christoph Schnitter, Melanie Stenzel, Hyoung Seop Kim, Yoshitsugu Miyabayashi, Takayoshi Nakano*:
Novel single crystalline-like non-equiatomic TiZrHfNbTaMo bio-high entropy alloy (BioHEA) developed by laser powder bed fusion,
Materials Research Letters, (2023), 11, 274-280.
DOI: https://doi.org/10.1080/21663831.2022.2147406

PageTop

1月20日(金)にAM研究会の第2回ミーティングをハイブリッド開催(東京現地およびオンライン)いたします。

今回は、第一部:AMを取り巻く世界情勢と日本の世界戦略を中心とした講演、第二部:参加者による名刺交換会の2部構成を予定しております。第一部では、3D金属プリンター世界シェア第3位の株式会社ニコン代表取締役 兼 社長執行役員 馬立稔和氏をはじめ、AMを取り巻く世界情勢ならびに日本の世界戦略に関する複数の講演を予定しております。第二部では、名刺交換会を実施いたします。ご参加の皆様のネットワーク構築・交流の場としてぜひご活用いただけますと幸いです。情報のアップデートについては追ってAM研究会HPにて公開させていただきます。

お申込期日:2023年1月5日(木)

参加費支払い期日:2023年1月12日(木)(第二部ご参加の方のみ必要)

◆2022年度AM研究会 第2回ミーティング◆

主  催:AM研究会

日  時:2023年1月20日(金)第一部14:00~17:00(開場:13:30)、第二部17:00~19:00(予定)

開催形式:対面形式とWeb形式(WebEx)のハイブリッド開催

定  員:150名(対面参加)※コロナ禍のため対面参加の方の人数を制限することがございます。

現地会場:ベルサール六本木グランドコンファレンスセンター(第一部:9階Room A + B、第二部:9階Room I)

オンライン参加:自動返信メール内のURLよりご参加ください。

参 加 費:無料(第一部のみ参加、オンライン参加の方)、8000円(第二部参加の方)

お申込期日:2023年1月5日(木)

参加費支払い期日:2023年1月12日(木)(第二部参加の方のみ)

▲お問い合わせ先:AM研究会事務局
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-1, R2-717(大阪大学大学院工学研究科内)
Emai: additive.manufacturing@mat.eng.osaka-u.ac.jp/Tel: 06-6879-4757
大阪大学 助教・小笹良輔、秘書(水・金)・寺澤弥生
株式会社シグマクシス・桐原慎也、和田峻一、五十嵐由華

PageTop

【講演】中野先生がMRS Fall Meeting (Boston)で金属間化合物のAMに関する招待講演を行いました。

Takayoshi NAKANO:
Control of Crystallographic Texture in Metal Powder Bed Fusion Additive Manufacturing of Intermetallics and the Related Superalloys,
Structural Intermetallics II (*SF07.02.01), Frontiers of Intermetallics Science for Structural and Functional Materials Design
Nov 28th Monday PM, Time: 13:30-14:00

PageTop

【新聞】日刊工業新聞に「ニッケル単結晶 3D造形」に関する記事が掲載されました。

ニッケル単結晶 3D造形 高強度部品開発向け、 日刊工業新聞、11月23日朝刊、19面科学技術・大学欄

ニッケル単結晶 3D造形.png

PageTop

【講演】第44回日本バイオマテリアル学会(2022年11月21日〜22日@タワーホール船堀(東京))に参加しています。

〇松垣あいら、田中健嗣、中野貴由
骨機能化誘導のためのチタン表面構造による間葉系幹細胞制御

〇松坂匡晃、松垣あいら、中野貴由
オステオサイトの流体加速度感受に基づく骨配向化を介した機能適応

◯炭崎晴香、上田正人、松垣あいら、中野貴由
可視光応答型セラミック半導体膜における細胞接着

〇Yuanjiaozi Li,Eiichi Sawaragi,Michiharu Sakamoto,Takashi Nakano,Hiroki Yamanaka,Itaru Tsuge,Yasuhiro Katayama,Kumiko Matsuno,Yasuhiko Tabata,Naoki Morimoto
Investigation of the potential of gelatin hydrogel nonwoven fabrics(Genocel®)as a novel skin substitute in murine models

第44回バイオマテリアル学会.jpg

(写真撮影時のみマスクを外しました)

PageTop

【講演】M2のGupta君、西川君、真鍋君がスマートプロセス学会 2022年度学術講演会(@パナソニックリゾート大阪)で発表を行いました。

⻄川侑希、⽯本卓也、⼩笹良輔、永瀬丈嗣、中野貴由:
L-PBF法による急冷凝固に基づく⽣体⽤ハイエントロピー合⾦の組織制御と⾼機能性付与

真鍋光喜、⽯本卓也、恵久春佑寿夫、中野貴由、佐藤和久、森貞好昭、藤井英俊:
レーザ粉末床溶融結合を⽤いて作製したAl合⾦板材の摩擦撹拌接合部の組織と⼒学特性

GuptaMridul、⼩笹良輔、⽯本卓也、中野貴由、柳⾕彰彦、上⽥正⼈、野村直之:
L-PBF法による銅合⾦の創製と導電率変化

PageTop

【受賞】【講演】中野研の解説論文がスマートプロセス学会 Best Review Paper賞を受賞し、小笹先生が受賞講演を行いました。

小笹良輔、石本卓也、松垣あいら、中野貴由:
Additive Manufacturing の歩みとレーザビーム粉末床溶融結合法の基礎、
一般社団法人スマートプロセス学会 2022年度学術講演会 Best Review Paper賞 受賞記念講演-24、2022年11月15日(火)13:15~13:30、パナソニックリゾート大阪

20221115.JPG

「スマートプロセス学会誌, 10(4), (2021), 131-136.」に対する受賞。

PageTop

【書籍】中野先生が分担執筆したテクノロジー・ロードマップ 2023-2032 全産業編(日経BP)が2022年11月30日に発行されます。

■ 著者:出川 通(テクノ・インテグレーション代表取締役社長)、他100名
■ 2022年11月30日発行
■ レポート:A4判、608ページ
■ 価格
・書籍とオンラインサービスのセット:990,000円(10%税込)
・書籍のみ:660,000円(10%税込)
■ 発行:日経BP
■ 担当:第10章:材料/製造 10-7 3Dアディティブ・マニュファクチャリング(3D-AM)
■ HP: https://project.nikkeibp.co.jp/mirai/techroadall/

PageTop

【論文】Regenerative Biomaterials(IF=5,763)に海綿骨微小環境をin vitroで再現した研究がOA論文として受理されました。

Koichi Kadoya, Emilio Satoshi Hara, Masahiro Okada, Yu Yang Jiao, Takayoshi Nakano, Akira Sasaki, Takuya Matsumoto*:
Fabrication of initial trabecular bone inspired three-dimensional structure with cell membrane nanofragments,
Regenerative Biomaterials, (2022), 1-24
DOI: https://doi.org/10.1093/rb/rbac088

PageTop

【解説】レーザ加工学会誌10月号に当研究室の機械的性質の異方性/等方性を制御できる金属3Dパズル構造体に関する解説が掲載されました。

福田英次, 池尾直子, 松垣あいら, 石本卓也, 中野貴由:
機械的性質の異方性/等方性を制御できる金属3Dパズル構造体の開発,
レーザ加工学会誌, 29 [3], (2022), 181-183.

PDFはこちら

PageTop

【PJ会議】Crestナノ力学AM中野チームの対面会議を三浦半島で行いました。

2日間の濃いDiscussionを行い、充実した会議となりました。着実に成果を挙げることができています。

対面会議_集合写真_221030.JPG

今回集合したメンバー全員にて(写真撮影時のみマスクを外しました)

PageTop

【解説】チタン誌に当研究室の解説が掲載されました。

小笹良輔:
レーザ粉末床溶融結合を用いたチタン含有生体用ハイエントロピー合金(BioHEAs)の創製,
チタン、Vol.70[4], (2022), pp.2(290).

PDFこちら

PageTop

【講演】中野先生が日本金属学会会長として韓国金属学会秋期講演大会を訪問し、plenary talkと総会での会長挨拶を行いました。

Takayoshi Nakano* (Osaka University):
Control of Microstructure and Crystallographic Texture in Powder Bed Fusion Additive Manufacturing of Ti-base Alloys Containing Titanium Aluminides,
KIMM 2022 Fall Meeting, Symposium on Gamma Titanium Aluminides, 2022.10.27(Thu.) Time: 09:00-09:35, Room: 303, ICC Jeju, Jeju, Korea [Plenary talk]

KIMM秋期講演大会会場.JPG

KIMM秋期講演大会会場

 

中野先生の講演の様子.jpg

中野先生の講演の様子

 

Oh先生とLee先生.jpg

尊敬するProf. Myung-Hoon Oh先生(右)と次期韓国金属学会(KIMM)会長のProf. Je-Hyun Lee先生(左)とともに

 

中野JIMM会長.jpg

KIMMで紹介される中野JIMM会長

 

総会.png

総会で金属学会会長として韓国語で挨拶する中野先生

 

韓国語で挨拶する中野先生.jpg

総会で金属学会会長として韓国語で挨拶する中野先生(拡大)

 

挨拶後.JPG

挨拶後

 

Joonho Lee先生.jpg

Korea UniversityのProf. Joonho Lee先生(田中研出身)とともに

 

Lee, Hyuck Mo先生.jpg

現KIMM会長のLee, Hyuck Mo先生とともに

 

Hag-Dong KIM副社長.jpg

PoscoのCEOのHag-Dong KIM副社長とともに

 

excutive committeeメンバー.png

KIMMのexcutive committeeメンバーとともに

 

李志旭さんと山村JIMM事務局長.jpg

今回の会長訪問のお手伝いをいただいた中野研卒業生の李志旭さん(韓国経済産業省)(中)、山村JIMM事務局長(右)とともに

 

JIMM事務局長.jpg

今回の韓国金属学会訪問をサポートくださったJIMM事務局長とともに

 

JUNG先生とKIM先生.jpg

山根研時代の大先輩で面倒をいつも見てもらったSKKUのJUNG先生とお会いしました。KIITのKIM先生もご一緒していただきました。

 

Prof. Hyoung-Seop KIM先生.png

副会長で共同研究しているProf. Hyoung-Seop KIM先生とともに

PageTop

【論文】ホウ素化ハイドロキシアパタイトが骨芽細胞との強い親和性を示すことを見出した国際共同研究に関する論文が、Ceramics International(IF=5.532)にOA論文として掲載されました。

Ozkan Gokcekaya, Celaletdin Ergun*, Thomas J. Webster, and Takayoshi Nakano:
Influence of precursor deficiency sites for borate incorporation on the structural and biological properties of boronated hydroxyapatite,
Ceramics International, (2022),
https://doi.org/10.1016/j.ceramint.2022.10.232

論文はこちら

Abstract
The biological properties of hydroxyapatite (HA) are significantly influenced by its compositional characteristics especially doping elements and/or Ca/P ratio, which can be altered by precursor chemistry. In this study, a group of boronated (B-incorporated) hydroxyapatite (BHA) was synthesized using a precipitation method by setting the Ca/P ratio to the stoichiometric value of HA (1.67), while altering the precursor chemistry by adjusting either (Ca + B)/P (Ca-deficient precursor, BC) or Ca/(P + B) (P-deficient precursor, BP). After heat-treatment, the partial decomposition of the BC was observed, forming tricalcium phosphate as the byproduct, however, the BP showed phase stability at all temperatures. The B-ionic species in the form of (BO2)− and (BO3)3− were incorporated into the HA structure at the (PO4)3− and (OH)− positions, respectively. The incorporation of the B species also facilitated the incorporation of (CO3)2− groups specifically in the BPs. This is the first finding on BHA reporting that preferential (CO3)2− incorporation depends on the precursor chemistry used. As a result, osteoblast adhesion was superior on the BPs compared to pure HA owing to the carbonated structure, increasing cell spreading area. As such, this in vitro study highlighted that the present P-deficient precursor approach for synthesizing BHA improved biocompatibility properties and should, thus, be further considered for the next-generation of improved orthopedic applications.

PageTop

【研究会】関西大の上田研、大阪大AMセンター、中野研による合同研究会を行いました。

情報交換会集合写真.jpeg

合同研究会後の情報交換会にて(写真撮影時のみマスクを外しました)

PageTop

【論文】ホウ素化ハイドロキシアパタイトが骨芽細胞との強い親和性を示すことを見出した国際共同研究に関する論文が、Ceramics International(IF=5.532)に受理されました。

Ozkan Gokcekaya, Celaletdin Ergun*, Thomas J. Webster, and Takayoshi Nakano:
Influence of precursor deficiency sites for borate incorporation on the structural and biological properties of boronated hydroxyapatite,
Ceramics International, (2022), in press.

PageTop

【ヒット数】中野研のHPのヒット数が350000件を突破しました。

中野研のHPのヒット数が350000件を突破しました。

PageTop

【論文】Science and Technology of Advanced Materials (STAM)(IF=7.821)に一方向制御Mg/LPSO合金のキンクバンドの形成に関する論文がOA論文として受理されました。

Toko Tokunaga, Koji Hagihara*, Michiaki Yamasaki, Tsuyoshi Mayama, Kazuki Yamamoto, Hiroki Narimoto, Taiki Kida, Yoshihito Kawamura, Takayoshi Nakano:
Kink-band formation in the directionally-solidified Mg/LPSO two-phase alloys,
Science and Technology of Advanced Materials (STAM), (2022), in press.

PageTop

【講演】中野先生が、東京医科歯科大学で「骨質指標としてのコラーゲン/アパタイト配向性と骨医療デバイスへの応用」に関して講義を行いました。丸川恵理子教授に招待いただきました。

中野貴由:
骨質指標としてのコラーゲン/アパタイト配向性と骨医療デバイスへの応用、
東京医科歯科大学、2022年10月7日17:30~19:30(招待講演)

PageTop

【論文】Tfam-cKOマウスにおける自然骨折の原因が、骨芽細胞の分化・成熟阻害、それに続くアパタイトの配向性が低下であることを証明した研究が、Journal of Bone and Mineral Metabolism (JBMM)(IF=3.0)に掲載されました

Hiroki Yoshioka, Shingo Komura, Norishige Kuramitsu, Atsushi Goto, Tomoka Hasegawa, Norio Amizuka, Takuya Ishimoto, Ryosuke Ozasa, Takayoshi Nakano, Yuuki Imai, Haruhiko Akiyama*:
Deletion of Tfam in Prx1 Cre expressing limb mesenchyme results in spontaneous bone fractures,
Journal of Bone and Mineral Metabolism, 40, (2022), 839-852.
DOIhttps://doi.org/10.1007/s00774-022-01354-2

論文はこちら
PDFこちら

Abstract
Introduction: Osteoblasts require substantial amounts of energy to synthesize the bone matrix and coordinate skeleton mineralization. This study analyzed the effects of mitochondrial dysfunction on bone formation, nano-organization of collagen and apatite, and the resultant mechanical function in mouse limbs.
Materials and methods: Limb mesenchyme-specific Tfam knockout (Tfamf/f;Prx1-Cre: Tfam-cKO) mice were analyzed morphologically and histologically, and gene expressions in the limb bones were assessed by in situ hybridization, qPCR, and RNA sequencing (RNA-seq). Moreover, we analyzed the mitochondrial function of osteoblasts in Tfam-cKO mice using mitochondrial membrane potential assay and transmission electron microscopy (TEM). We investigated the pathogenesis of spontaneous bone fractures using immunohistochemical analysis, TEM, birefringence analyzer, microbeam X-ray diffractometer and nanoindentation.
Results: Forelimbs in Tfam-cKO mice were significantly shortened from birth, and spontaneous fractures occurred after birth, resulting in severe limb deformities. Histological and RNA-seq analyses showed that bone hypoplasia with a decrease in matrix mineralization was apparent, and the expression of type I collagen and osteocalcin was decreased in osteoblasts of Tfam-cKO mice, although Runx2 expression was unchanged. Decreased type I collagen deposition and mineralization in the matrix of limb bones in Tfam-cKO mice were associated with marked mitochondrial dysfunction. Tfam-cKO mice bone showed a significantly lower Young’s modulus and hardness due to poor apatite orientation which is resulted from decreased osteocalcin expression.
Conclusion: Mice with limb mesenchyme-specific Tfam deletions exhibited spontaneous limb bone fractures, resulting in severe limb deformities. Bone fragility was caused by poor apatite orientation owing to impaired osteoblast differentiation and maturation.

Keywords: Mitochondrial dysfunction, Osteoblast differentiation, Spontaneous bone fracture, Type I collagen, Apatite, Orientation

PageTop

【論文】帝人ナカシマメディカル(株)から発売のUNIOS PLスペーサ―の基本原理である"honeycomb tree structure"の有効性を示した論文が北米脊椎学会の"The Spine Journal"に掲載されました。

Takuya Ishimoto, Yoshiya Kobayashi, Masahiko Takahata, Manabu Ito, Aira Matsugaki, Hiroyuki Takahashi, Ryota Watanabe, Takayuki Inoue, Tadaaki Matsuzaka, Ryosuke Ozasa, Takao Hanawa, Katsuhiko Yokota, Yoshio Nakashima, Takayoshi Nakano*:
Outstanding in vivo mechanical integrity of additively manufactured spinal cages with a novel "honeycomb tree structure" design via guiding bone matrix orientation,
The Spine Journal, 22, (2022), 1742-1757.
DOI:https://doi.org/10.1016/j.spinee.2022.05.006

論文はこちら 

Abstract
Background context: Therapeutic devices for spinal disorders, such as spinal fusion cages, must be able to facilitate the maintenance and rapid recovery of spinal function. Therefore, it would be advantageous that future spinal fusion cages facilitate rapid recovery of spinal function without secondary surgery to harvest autologous bone.
Purpose: This study investigated a novel spinal cage configuration that achieves in vivo mechanical integrity as a devise/bone complex by inducing bone that mimicked the sound trabecular bone, hierarchically and anisotropically structured trabeculae strengthened with a preferentially oriented extracellular matrix.
Study design/settings: In vivo animal study.
Methods: A cage possessing an anisotropic through-pore with a grooved substrate, that we termed "honeycomb tree structure," was designed for guiding bone matrix orientation; it was manufactured using a laser beam powder bed fusion method through an additive manufacturing processes. The newly designed cages were implanted into sheep vertebral bodies for eight and 16 weeks. An autologous bone was not installed in the newly designed cage. A pull-out test was performed to evaluate the mechanical integrity of the cage/bone interface. Additionally, the preferential orientation of bone matrix consisting of collagen and apatite was determined.
Results: The cage/host bone interface strength assessed by the maximum pull-out load for the novel cage without an autologous bone graft (3360 ± 411 N) was significantly higher than that for the conventional cage using autologous bone (903 ± 188 N) after only 8 weeks post-implantation.
Conclusions: These results highlight the potential of this novel cage to achieve functional fusion between the cage and host bone. Our study provides insight into the design of highly functional spinal devices based on the anisotropic nature of bone.
Clinical significance: The sheep spine is similar to the human spine in its stress condition and trabecular bone architecture and is widely recognized as a useful model for the human spine. The present design may be useful as a new spinal device for humans.
Keywords: anisotropy; spinal cage, trabecular architecture, bone matrix, collagen/apatite orientation, bone quality, pull-out strength.

PageTop

【受賞】日本金属学会2022年秋期講演大会第39回ポスターセッション優秀ポスター賞を中野研から2件受賞しました。

●⼤原秀真、松坂匡晃、松垣あいら、⿊⽥有希⼦、松尾光⼀、中野貴由:
⽿⼩⾻アパタイト配向化による聴覚機能への影響、
日本金属学会2022年秋期講演大会第39回ポスターセッション優秀ポスター賞、令和4年9月20日、福岡

●丹⽻陽⼀朗、松垣あいら、⽯本卓也、中野貴由:
⽣体吸収性⾻補填材の⽣体内動態解明、
日本金属学会2022年秋期講演大会第39回ポスターセッション優秀ポスター賞、令和4年9月20日、福岡

PageTop

【講演】大阪大学工学研究科テクノアリーナにて、令和四年度 第1回「生体・バイオ工学」グループ フォーラム「バイオデザインによる新しい医療・創薬・食の技術開発」が開催され、中野先生が講演を行いました。

中野貴由:
骨基質配向性を考慮した骨インプラントデザインと臨床応用,
令和4年度 第1回「生体・バイオ工学」グループ フォーラム「バイオデザインによる新しい医療・創薬・食の技術開発」、2022年9月30日(金)13:00~17:10(講演は16:30~17:00)、大阪大学 大学院工学研究科 サントリー記念館(C3棟)5階メモリアルホール

PageTop

【論文】Materials Transactionsにチタン合金AM材の硬組織適合性に関する解説論文が受理されました。

Aira Matsugaki*, Tadaaki Matsuzaka, Takayoshi Nakano:
Review - Metal additive manufacturing of titanium alloys for control of hard tissue compatibility,
Materials Transactions, (2022), in press.

PageTop

【論文】Materials Transactions(IF=1.377)に航空宇宙用Ti-6Al-4Nb-4Zr合金のAMによる組織と力学特性の論文が受理されました。

Tomoki Kuroda, Haruki Masuyama, Yoshiaki Toda, Tetsuya Matsunaga, Tsutomu Ito, Makoto Watanabe, Ryosuke Ozasa, Takuya Ishimoto, Takayoshi Nakano, Masayuki Shimojo, and Yoko Yamabe-Mitarai*:
Microstructure Evolution and High-Temperature Mechanical Properties of Ti-6Al-4Nb-4Zr Fabricated by Selective Laser Melting,
Materials Transactions, (2022), in press.

PageTop
PageTop